RTP

RTPとは、データストリーミングで使うアプリケーション層(7層)のプロトコルで、トランスポート層(4層)では、TCPではなくUDPを使う。
単なるUDPだとシーケンス(順序)の管理はできないが、RTPでは順序の情報を入れているので、受け取り側で並べ替えることが可能。
UDPとRTPのパケット構造の違いに注意。

検索

説明

RTPは、UDPの欠点(順序がない)を補うためのプロトコル。
文字通り、IP電話などのリアルタイム通信に使われる。

12バイトのRTPデータには、

  1. 順番を管理するシーケンス番号
  2. 時刻情報を記載したタイムスタンプ
    などが含まれており、受信側でストリーミングデータの順番を並び替えることができる。

RUDP(Reliable User Datagram Protocol )

UDPの欠点を改良したプロトコルとして、RUDP(Reliable User Datagram Protocol )もある。

QUIC

参考

RTP_UDP_header.png

関連

検索
全てのページから単語を検索します。 大文字小文字の区別はありません。




最新の10件
2024-04-17 2024-04-15 2024-04-14


人気の10件


ページの一覧



Counter: 6, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: fileRTP_UDP_header.png [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-02 (火) 15:20:49