PPP

(概要の説明文)

検索

説明

PPPの特徴は1対1の通信であること。
同じL2で動作するイーサネットやWi-Fiは、PPPと違って、ブロードキャスト(多くの端末に対して一斉放送)ができる。
PPPは1対1の通信なので、イーサネットなどにある機能がない。

L2で動作するPPPは、イーサネットやWi-Fiと同じようなものですか?

Geminiによる説明
https://gemini.google.com/app/2ad001e9ecd6bf86

L2で動作するPPP(Point-to-Point Protocol)とイーサネットやWi-Fiは、いくつかの類似点と相違点があります。

類似点

相違点

まとめ

L2 PPPは、イーサネットやWi-Fiと同様にL2で動作するネットワークプロトコルですが、伝送方式、フレームフォーマット、用途などに違いがあります。

具体的には、PPPは専用線路を使用するため、衝突が発生せず、理論上はデータ転送速度の上限がありません。
また、PPPはLCPと呼ばれる制御フレームを用いて、接続の確立、オプションの設定、エラー処理などをを行い、通信相手を特定します。
一方、イーサネットやWi-Fiは、CSMA/CDやOFDMAなどのメディアアクセス制御方式を用いて、複数の機器が同じケーブルや電波空間を共有し、フレームの宛先MACアドレスに基づいて宛先機器を決定します。

用途としては、PPPはWAN(Wide Area Network)など、長距離のネットワークに主に使用されます。
一方、イーサネットやWi-Fiは、LAN(Local Area Network)やWLAN(Wireless LAN)など、比較的短距離のネットワークに広く使用されています。

PPPフレームの構造

参考

関連

検索
全てのページから単語を検索します。 大文字小文字の区別はありません。




最新の10件
2024-04-23 2024-04-17 2024-04-15 2024-04-14


人気の10件


ページの一覧



Counter: 52, today: 2, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-17 (水) 22:34:12