STP

検索

説明

ネスペ教科書 p.33

L2スイッチを複数接続して経路を冗長化すると、経路がループ構成になります。
こうなると、フレームがループを無限に流れ続け、通信ができなくなります。
そこで、IEEE 802.1Dで規定されているデータリンク層のプロトコルであるSTP(スパニングツリープロトコル)を有効にします。
STPは、ループ構成になった経路の一部をフレームが流れないようにブロックすることで、フレームのループを防ぎます。

STPの目的

  1. ループの回避
  2. 信頼性向上(冗長性の確保)

L2の冗長化技術

ネスペR3 p.36

レイヤ2の冗長化技術としてはSTP(およびRSTP)よりはスタックリンクアグリゲーションの技術のほうが優れています。
実際の現場でも、STPやRSTPは利用されません。

STPの用語

STP(Spanning Tree Protocol)に出てくるポートの種類
STP(Spanning Tree Protocol)では、以下の5種類のポートがあります。

1. ルートポート (Root Port)

2. 指定ポート (Designated Port)

3. 代替ポート (Alternate Port)

4. バックアップポート (Backup Port)

5. 非指定ポート (Non-Designated Port)

それぞれのポートの詳細については、以下の情報をご覧ください。

参考

関連

検索
全てのページから単語を検索します。 大文字小文字の区別はありません。




最新の10件
2024-04-23 2024-04-17 2024-04-15 2024-04-14


人気の10件


ページの一覧



Counter: 18, today: 3, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-10 (水) 21:44:37