アーラン

呼量の単位

検索

説明

電話の呼量の単位
広義には資源の利用状況を示す値

呼量 = 呼数 × 平均利用時間 / 対象時間

計算例

ネットワークスペシャリスト 過去問研究 R4(2022年) 午前2
NW_R4_AM2

呼量 = 呼数 × 平均利用時間 / 対象時間

電話1台あたりの呼量は、

呼量 = 呼数 × 平均利用時間 / 対象時間

呼量 = 20 × (80 / 3600)  / 1

電話180台の全部の呼量は、180倍すれば良いので、

電話180台全部の呼量 = 180 × ( 20 × (80 / 3600)  / 1) = 180 × 20 × 80 / 3600 = 18 × 2 × 80 / 36

で 18×2は36 なので、分子の36と分母の36を相殺すると答えは80アーラン

参考

関連

検索
全てのページから単語を検索します。 大文字小文字の区別はありません。




最新の10件
2024-04-17 2024-04-15 2024-04-14


人気の10件


ページの一覧



Counter: 9, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-02 (火) 16:29:52